Xpriaの液晶

Xperiaの液晶(Xpria画面割れ彦根データそのまま

 

今までにさまざまなスマートフォンを修理してきましたが

iPhoneの次に修理が多い機種といえばSONYが誇るXperiaシリーズです。個人的な感想ですがAndroidスマートフォンをお持ちの方の中でもXperiaをお使いの方がかなり多いと思います。

オムニバスデザインの採用によって他社にはない薄さを実現し高画質なカメラ機能や4K映像などの高スペックでお好きな方も多いと思います。

ただその薄さが原因でガラス割れのトラブルもAndroidスマホの中でもXperia修理の依頼が多い傾向にあります。(スマートライン調べ)

 

iPhoneとXperiaの違うところはガラスが割れた時に起こる症状です。

iPhoneの場合、ガラスが割れていてもそのままタッチ操作ができるところです。一概に全てとは言えませんが少し割れている状態でもタッチ操作も問題なくできる確率が高いです。ただXperiaの場合はこちらも破損箇所にもよりますがタッチ操作ができなくなる確率が非常に高いです。

その理由はフロントパネル(液晶画面)の構造上の違いです。

 

iPhoneはガラス、フレーム、タッチセンサー、液晶など各部分が一つ一つ分かれています。一方Xperiaはやっかいな事にガラスとタッチセンサーが一体化になっており、画面に光を反射させて見てみると碁盤目模様が確認できます。これがタッチセンサーで、これが見える機種だとガラス部分に破損するとその箇所からタッチの信号が基盤に送れなくなりタッチ操作ができなくなる仕組みとなっております。最近のXperiaはこの碁盤目模様が見えなくなっておりガラスが破損してもタッチできる確率はZ5以前に比べて高いと思われます。

 

「じゃあこの碁盤目模様がなければ割れてもダイジョブですね♪」

そうとも限りません(笑)  (; ・`ω・´)!?

 

これに該当しないのが有機EL採用端末です。

SamsungのGalaxyシリーズなどが有名ですね。

iPhone10周年モデルのiPhone Xにも採用されています。

有機ELは繊細で液晶にダメージが入ると真っ暗になって表示ができなくなるケースが多いです。

 

iPhoneでも故障の仕方しだいではタッチ操作、もっというと画面表示すらできなくなります。結局の所、機種と割れ方しだいではどんな機種でも操作ができなくなる事は起こりうると可能性があります。

 

Xperiaをはじめスマートフォンは日々進化しています。

ガラス破損してもタッチ操作ができる機種は増えている傾向がみられます。当店では日々修理メニューを拡大させており、家族のように毎日一緒にいるスマホだからこそたくさんのお客様のお力添えができるお店を目指してこれからも日々精進して参ります!!

 

|JALカード|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|サプリメント|工務店向け集客ノウハウ|クリニック集客ノウハウ